FC2ブログ

広葉樹天然生林の更新施業

 ナラ等広葉樹天然生林の伐採更新施業が盛んに行われている。チェンソー伐倒を主体としながらも高性能林業機械を駆使した生産作業体系である。
IMG_0219.jpg
 ▲伐倒木根元の雪掘りをし、1本1本丁寧に伐採していく。形状がほぼ円錐形のスギ、カラマツなどに比べ、重心がわかりにくい広葉樹の伐倒には高度な技術が必要とされる。先輩方の作業から基本技術を学び、自らも研鑽を重ねて会得した安全確実な伐倒技術がそこにあった。

IMG_0256.jpg
 ▲搬出路作設はフェラバンチャーザウルスが担当している。この高性能林業機械はグラップル機能とバケット機能そして伐倒機能を併せ持つ多面的アタッチメントで専用機と遜色なく機能を発揮する優れものである。

IMG_0239.jpg
IMG_0249.jpg
 ▲造材の一部や巻き立て、積み込み作業はグラップルソー/バックホウが担当している。グラップルにチェーンソーを取り付けた機械で、巻き立て、積み込みの他に玉切を行うことができる。
 土場までの運材はフォワーダ(スタンダードタイプ)が担当する。

 ナラ枯れ被害が拡大した要因の1つに、里山林が管理放棄されたことによるコナラやミズナラの高齢化が挙げられる。適正に更新し、若返りを図っていくことは地域の大きなテーマである。ナラ枯れ防除方法として樹幹注入、伐倒燻蒸、立木燻蒸等単木的な施業方法で対応してきているが、スケールの大きな自然界においては抜本的な防除策にはならないように思う。関係者が連携して、計画的に、面的に、ナラ枯れ未被害および微害の里山林を皆伐して萌芽更新等による若齢化を図っていくことこそ最大の防除方法なのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kitanihonsakudou

Author:kitanihonsakudou
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR