FC2ブログ

ナラ枯れ

  ナラ類集団枯損(ナラ枯れ)は 「カシノナガキクイムシが病原菌を伝播することによって起こる、樹木の伝染病の流行」であるが、発病のメカニズムや被害増大の要因が明らかになるにつれて、蔓延の背景には、森林と人間との関わり方が重要な要因であることが浮かび上がってきている。
 ナラ枯れの被害を減らすには、まず、病原体と媒介昆虫と樹木の関係に人間の活動がどのように絡み合っているのか理解することが重要なのである。
 以前、隣県の被害地を訪れた時に地元森林組合長が云われた言葉が今も記憶に新しい。「昭和30年代に大きな集団枯損被害があったが、薪生産や製炭用に計画的に、大きなロッドで伐採更新されて山は若返り、被害もいつしか終焉した・・・」

IMGP0054.jpg
                             今年もナラ枯れ被害が目につくようになった・・・
                                    (写真は平成26年8月19日撮影)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kitanihonsakudou

Author:kitanihonsakudou
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR