FC2ブログ

里山広葉樹林の更新施業

 かつて里山広葉樹林は薪炭材等を供給するなど人々の暮らしの中で、生活エネルギーの大半をカバーしてきた。利活用していくことで、森林は更新されて若返り、常に健全な林相を形成してきたといえる。しかし、昭和30年代以降のエネルギー革命により伐採が激減し、適切な更新が行われないことから、今ではナラ枯れ被害の温床になっているという現実がある。里山広葉樹林を有効活用することで資源の循環と更新を図り、病害虫に強い森林を育成して、健全な姿で次代に繋いでいくことは、今に生きる者に課せられた使命なのだと思う。
IMG_0357.jpg
成長応力が凝縮されているような大径広葉樹の伐採には冷静な判断力と高度な技術が必要である。重心が不透明で堅い材質のナラ類も経験豊かなプロの技術者の手にかかると、所定の方向へ安全に伐倒される。
PB100029.jpg
現場ではプロの技術者が伐倒木を見極めながら用途を判断し、造材している。所定径級の直材は用材として雄平原木市場へ、以外はチップ原材料として自社工場へ運搬される。
スポンサーサイト
プロフィール

kitanihonsakudou

Author:kitanihonsakudou
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR