ドローンに挑戦1

 社有林の管理及び今年度事業地の森林情報収集のため、ドローンの実演を行った。小雨の天気から午後には青空が広がる天気となったが、風が強くなり、操作上厳しい気象条件となった。そんな状況下、制限飛行高度、目視範囲内飛行、人や物件との距離の確保等飛行ルールを遵守しながら、多様な条件に対応できる操作技術を習得するために飛行操作経験を積み重ねることに挑戦している。
IMG_1252.jpg
IMG_1256.jpg
▲山に入って社有林の現況と隣接境界付近等の森林情報を撮影した。ドローンの位置を目視で確認しながら、上空の風に悩まされながらも、所定の目的画像を入手することができた。

IMG_1275.jpg
▲飛行しているドローンのカメラ映像がプロポコントローラーに装着しているタブレットでリアルタイムに確認できる・・・シャッターチャンスをねらう。

DJI_0030.jpg
DJI_0042.jpg
▲今年3月に定性間伐を実施した社有林・・・林相、森林作業道の確認、そして樹冠状況から立木密度は概ね適正と判断される。
スポンサーサイト

過密化したスギ人工林の健全化誘導を目指して・・・

 後継者難等により山離れ現象がすすむ中で譲渡したいという意向の森林所有者が増え続けている。弊社としても地域森林についてはできるだけ希望に即して譲り受け、林業経営を継続していく方向で対応してきている。その中には長期間保育施業を行っていない、いわゆる手遅れ林分があり、雪害木、被圧劣勢木、枯損木が多く見られ、正常木と思われるものについても形状比、樹冠長率等に問題点が多い林分がある。また、葛等蔓類の繁茂が著しい箇所もあちこちに見られる。関係機関の指導をいただき、この森林に侵入した広葉樹も状況によって受け入れし、総体的に健全な姿に誘導する施業に挑戦したいと思う。
DSC05091.jpg
DSC05092.jpg
▲ 本数調整伐等の保育施業が全く行われていない・・・下層植生が衰退し、土砂流出防止機能等森林の持つ多面的機能の発揮が期待できない林分となっている。

DSC05111.jpg
▲ 雪害等でギャップのできた箇所には広葉樹(ナラ、ブナ、クリ、ミズキ等)が侵入している・・・

 過密化したスギ人工林(写真参照)では下層植生が衰退しやすく、植物の種数としても少なくなりがちであるが、針広混交の状態に誘導することによって森林生態系が複雑且つ豊かになっていくものと予想される。しかし、当該森林が完成形になるまでには短くても30年以上の時間が必要である。この長いタイムスケールの中では広葉樹の侵入定着・成長・混交という段階にあわせた施業が求められる。森林現況を見極め、英知を結集して適正な施業を計画していきたい。

林業におけるドローンの活用を探る・・・

 平成30年4月、予てから計画していたドローン(小型無人航空機)を導入し、内部で実演・学習会を実施した。ドローンで森林を空撮することにより、その山にある樹木の生育状況や種類を調査、周辺の伐採状況や急傾斜地や崩壊地の状況等森林情報を上空から確認し、調査の効率化、安全性の向上に繋げていくための取り組みである。人の足なら時間のかかる調査がドローンを使うことにより短時間でできるので、安全かつ効率が良く、データを蓄積すれば、必要に応じて取り出して活用できるなど林業の可視化に期待している。また、施業チームのスタッフが森林情報を共有し、現場に適合した施行・作業計画を樹立し、効率的で安全な作業体系を構築していくための新たな挑戦である。
IMG_0727.jpg
IMG_0719.jpg
IMG_0818.jpg
▲新しい技術への挑戦は若い林業技術者の育成に欠かせない要素である。今までの延長線上の林業技術にドローンの活用という新しい技術を取り入れていくことで夢は大きく膨らむ。

IMG_0776.jpg
IMG_0781.jpg
IMG_0808.jpg
▲実際にドローンを飛ばして操作してみる・・・さすがに若者は上達が早い!

IMG_0795.jpg
IMG_0791.jpg
▲多様な可能性を秘めたドローン活用に取り組む若者達の目が輝いている・・・。林業の現場を大きく変えるといわれる「スマート林業」、その特徴のひとつに「森林情報の可視化」がある。林相、地形等エリア情報のリアルタイムな確認などドローンが拓く新しい森林管理の姿がそこにある。

 林業におけるドローンの活用方法の可能性は無限に広がっている。将来的には基本的な森林情報の可視化を含め、レーザーを使うことで、樹木の高さ、地形状況などの3次元位置情報を直接的に取得する測量技術、林業架線におけるリードロープ架設、山地災害状況の確認や森林病害虫被害調査等々活用方法の可能性、夢は膨らむのである。

新規採用辞令交付

  4月2日、新規採用者2名の採用辞令交付が行われた。兼子社長より「仲間達と互いに研鑽し、安全作業に心掛け、職場のリーダーとなる林業技能者を目指して頑張ってほしい」と激励の言葉がおくられた。
IMG_0603.jpg
 ▲山林部配属のHさんは地元高校今期卒採用、今後2年間の秋田県ニューグリーンマイスター育成研修を経て業界をリードするプロの技術者を目指す。稲川チップ工場配属のAさんは豊富な経験を生かして原木搬入等を担当するプロの重機オペレーターを目指す。新たな人材の加入により事業実践力の更なる強化を目指していきたい。

製材品の出荷

 厳しい寒さもようやく和らぎ、春の日差しが眩しい季節である。冬期間は製材品の需要も弱含みで推移してきたが、春の到来とともに製材品出荷の動きが嬉しい季節である。
IMG_0435.jpg
IMG_0493.jpg
 製材部門のスローガンは 「多様な径級の、あらゆる材長の需要に対応します」である。在来軸組工法・住宅建築の通し柱、梁、桁材のような長尺材、大径材や、かつて土台材として使われていたクリ材等多様な需要にも対応できる供給体制を構築している。また少量でも注文に応じて、機敏な対応が実現しているのは、地域に支えられてきた地場製材所ならではの挑戦である。

 我が国は木を伐って無駄なく使い、また植えて育てるということを絶え間なく継承してきた森林・木の文化の国といえる。地形的に急峻な脊梁山脈をかかえ、水源の涵養等の森林機能増進が必須であること、加えて潜在的な自然災害と向き合っていくためには、森林を大事にするという考え方が必要だったのである。また法隆寺五重塔に代表される世界最古の木造建築物群は我が国が世界に誇る木の文化を今に伝えている。木材需要が停滞し、価格の低迷が長期化する状況下、森林を守り育てていくという考え方は希薄化の傾向にあるといえるが、木材の利用は、快適な住環境の形成、地域経済の活性化、地球温暖化防止に貢献するということ、特に国産材の利用は、国内における森林の多面的機能の持続的発揮と地域の活性化に貢献すると云うことを再認識する必要がある。
プロフィール

kitanihonsakudou

Author:kitanihonsakudou
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR